brazil
    ブラジル
    サンパウロ
    皆木サンドラ 奈美
    2016.06.07

    最近のパン屋さん

    サンパウロ市内でどの地区でもすぐに目につくのがパン屋さんです。1940年代頃、パン屋の経営者の50%以上がポルトガル人移民であったことから、今でもパン屋さん イコール ポルトガル人、と言う印象が強いです。 続きを読む “最近のパン屋さん”
    brazil
    ブラジル
    サンパウロ
    皆木サンドラ 奈美
    2016.05.02

    隣の国、アルゼンチンへの旅

    3月上旬にサンパウロ市を出発して、南米南端の町、ウシュアイア(Ushuaia)まで四輪駆動車での旅をしました。3週間の旅で、往復1万2千キロ走りました。今回はとても印象に残ったユネスコ自然遺産に登録されている, バルデス半島とロス・グラシアレスをご紹介したいと思います。 続きを読む “隣の国、アルゼンチンへの旅”
    brazil
    ブラジル
    サンパウロ
    皆木サンドラ 奈美
    2016.03.29

    田舎町、クーニャ

    山に囲まれていて、空気が良く、住民が気さくで、ゆっくりしたい時、おすすめなのが、クーニャ(Cunha)の町です。サンパウロ市からリオ・デ・ジャネイロ州に向かって217km離れたところにあります。人口は2万2千人(2015年)です。 続きを読む “田舎町、クーニャ”
    brazil
    ブラジル
    サンパウロ
    皆木サンドラ 奈美
    2016.03.01

    アパレシーダの大聖堂

    サンパウロの街を歩いていると、あちらこちらでカトリック教会を見かけます。1872年に全人口の99.7%がカトリック教信者でしたこの国も、2013年のデーターでは、その数値が64.6%に減少しています。しかし今でも世界で一番カトリック教信者が多い国です。 続きを読む “アパレシーダの大聖堂”
    brazil
    ブラジル
    サンパウロ
    皆木サンドラ 奈美
    2016.01.18

    広大なイビラプエーラ公園

    サンパウロ市政400周年を記念して1954年に造られた市営公園、イビラプエーラ公園は、2015年8月にイギリス新聞The Guardian (8月7日発行)の世界ベスト10都市公園にランキング入りしました。同紙は、公園の広さと造園家、ロバート・ブール・マルクス氏のプロジェクトを主張し、“青々し、色んな方向へと曲線を描く。時には神秘的であり、時には強力な色を発揮する”とのコメントをしています。 1584km2(221ha)にも広がるこの公園は、ラテンアメリカで最も訪問されている公園です。公園内の建物の多くは、有名な建築家オスカー・二-マイヤー氏が設計し、彼独特のとてもユニークなシルエットを見せてます。 続きを読む “広大なイビラプエーラ公園”
    brazil
    ブラジル
    サンパウロ
    皆木サンドラ 奈美
    2015.12.24

    クリスマスイブ

    12月に入りますと、街のあちこちでクリスマスへのデコレーションやイルミネーションが始まり、お店のショーウインドーはお客様の目を引くため素敵に飾られてます。 カトリック教信者が多いこの国では、クリスマスはイエス キリストの誕生を祝うミサがあり、家の中ではクリスマスツリーを飾ります。クリスマスはこちらでは、ナタール(Natal)と言います。宗教的なお祭りですが、ミサに出席しなくても、また、カトリック教でなくても家族や親戚みんなが集まってクリスマスイブに夕食会をするのが習慣です。 続きを読む “クリスマスイブ”