2016.12.13

ときめきのクリスマスハウス

ハロウィン、サンクスギヴィング、と秋のイベントも終わり、 次はいよいよクリスマス!!!アメリカでは、一年で最大のイベントといっても過言ではありません。

今回は、ウェブサイトが無く住所もはっきりわからない、知る人ぞ知る秘密の!?クリスマスハウスについてご紹介します。

右を見ればとうもろこし畑、左を見れば大豆、といったような広大な地のみが続く、建物など何も無い道をただひたすら走ること数十分。閑散とした場所にぽつんと佇む一軒の白いおうち。

いったい皆さんどうやって訪れているんだろう、と不思議に思うほどこれといった目印がありません。外にはサンタクロースの旗と、「OPEN」とかかれた旗が掲げられています。

20161213_anderson01

この旗さえ無ければ、本当に見過ごしてしまうだろう一般的な民家なのです。

「クリスマスハウス」と聞いても、どんな場所か全く想像がつかなかった私は、大きな期待もせずに訪れました。しかし扉を開けた瞬間、思わず「わぁぁ~~!!!」と叫んでしまうほど、そこには驚くほどびっしりとクリスマスのデコレーショングッズが並んでいたのです!!!

20161213_anderson02

20161213_anderson03

ツリー、オーナメント、リース・・・クリスマスに関するものなら何だって揃っているんです。
面白いのが、民家であるのに、その家の中全体がクリスマスハウスと化していて、キッチン・バスルーム・ベッドルーム、といった日常生活でかかせない場所までもが「クリスマス」で溢れているのです。

20161213_anderson04
(左)こちらはキッチンです。戸棚にも商品がしっかりと陳列されています。
20161213_anderson05
(右)こちらはなんとシャワールーム!左側にみえる個室に、ツリーが置いてあります。

20161213_anderson06
(↑こちらは何だかお分かりになりますでしょうか??・・・二階へと続く、階段です!)

「・・・あれ?ここってもしかして!!!」なんて、発見するのが楽しくなるくらい、生活感が見えるはずの場所が“クリスマス”なんです。

階段を上がり、廊下の先へ進むと・・・

20161213_anderson07
20161213_anderson08

20161213_anderson09
20161213_anderson10

20161213_anderson11

バスルームがありました!!天井の低いこぢんまりとしたバスルームが、クリスマスデコレーションでさらに可愛くなっていました。バスタブには、雪に見立てたふわふわの綿が。

大きな二階建てのお家で、いくつものお部屋がありました。そして、お部屋ごとに色(もしくはテーマ)をそれぞれ決めているのか、どこも統一感があって、その抜群のセンスの良さに感銘を受けました。

20161213_anderson12
20161213_anderson13

20161213_anderson14
20161213_anderson15

20161213_anderson16
20161213_anderson17

お写真では収めきれないほど、可愛く、どこか温かさを感じるクリスマスグッズの数々。飾られているどれもが購入可能なものでした。そして、驚くほどお手頃な値段でした。

オーナーと思われる女性も、笑顔の優しいとても親切な方でした。お話を伺ってみると、約10年前からはじめられたそうで、もともとは女性のおばあさんのお家だったそう。きっと、クリスマスが大好きだったんですね。

本当に、心があたたまるパワースポットのような場所でした。
気のせいでしょうが、風邪気味だった私もこちらへ訪れた後、不思議と元気が出ていたんです。
今まで訪れたお店で、これほど感動したお店は無いかもしれません。ウェブサイトやショップカードもありませんが、おそらく口コミで広がっているんだと思います。クリスマス雑貨が置いてあるどのお店よりも、私の一番のお気に入りとなりました。きっと、ここFindlayへ住んでいる限り、毎年通い続けると思います!

皆さまにとって、今年も素敵なクリスマスとなりますように。