2017.04.13

春の訪れを感じるもの

日本では「春」といえば「桜」そして「お花見」が思い浮かびます。満開の桜の木の下、ひらひらと舞い散る桜の花びらを眺めながらのお花見を恋しく思う今日この頃です。

日本のお店では、桜フレーバーの菓子類や桜モチーフの雑貨などが沢山並んでいるのではないでしょうか。こちらでは「桜」の商品を見かけることはありませんが、代わりに「カラフルなたまご(=イースター・エッグ)」や「うさぎ(=イースター・バニー)」をあちこちで見かけます。



170411anderson_e01


170411anderson_e02


170411anderson_e03
(↑ズラリと並んでいるうさぎの形をしたチョコレート)

これらは間もなくやってくるイエス・キリストの復活祭、「イースター」のシンボルとなるものたちです。先日のセントパトリックスデーが過ぎた後から、どこのお店もパステルカラーでいっぱいです。カラフルな商品は、見ているだけでウキウキとした気分になります!



170411anderson_e04


170411anderson_e05


アメリカでは、このカラフルなたまごやうさぎたちを見て春の訪れを感じるのだなぁ、とFindlayで迎える初めての春を目前にして思います。



170411anderson_e06
170411anderson_e07


イースターのお菓子もとっても可愛く面白いものばかり。うさぎやたまごの形のチョコレートやキャンディ、キャロットケーキのチョコレートや(うさぎ=にんじんを食べるといったイメージからでしょうか)、約1kgの大きなうさぎの形のチョコレートなど・・・

そしてこちらの「Peeps」というお菓子はアメリカでは誰もが知っている有名なお菓子。


170411anderson_e08
170411anderson_e09


様々な色や形で販売されているマシュマロです。イースターが近づくと、このようにイースターのシンボルであるうさぎやひよこの形をしたPeepsがどこのスーパーマーケットへ行っても並んでいます。



170411anderson_e10


ピンクやイエローだけでなく、ブルーやパープル、レッドやグリーンなど…味も、ブルーラズベリーやパーティケーキなど、なかなか日本では見かけないような色や味があって面白いです。ちょっとビックリしたのが、Peepsフレーバーのオレオクッキーまで販売されていること!!(上の写真の下に写っているもの)

このPeeps、食べるだけではなく、デコレーションやアートなどにも使用されているようです。可愛いグッズも沢山あるので、アメリカ土産としても良いかもしれません。目にも楽しいので、良ければぜひ一度「Peeps」をイメージ検索してみてくださいね!


170411anderson_e11
170411anderson_e12


子どものいる家庭では、たまごにペイントやデコレーションをしてお家に飾ったり、お家や庭にたまごを隠し、子どもたちがそれらを探し当てるエッグハントをしたりします。(プラスチックのたまごの中には小さなお菓子やお金を入れたりするそう。)そのために様々な色・形のバスケットやプラスチックでできたたまご、たまごをデコレーションするためのカラーリングキットも売ってあります。


170411anderson_e13
170411anderson_e14


毎年日付の変わる移動祝祭日のイースターですが、今年は4月16日です。

季節の移り変わりの感じ方も、住む場所によって全く違っていることが面白いです。