2017.04.18

車だけじゃない、フォード

2週間ほど前、強風が突然吹いて、屋根瓦が吹き飛んだり、木々が根こそぎ抜けてしまったり、いろいろな所で停電が 起こったりしました。その2日後、もう冬は過ぎたかと思っていたのに、ミシガン州は大雪に見舞われ、街は再び白一色になってしまいました。それから数日たった今、雪は完全に溶け、(再び)春らしい陽気になりました。言うまでもありませんが、ここの天気はとても予測しづらいのです。それでは、これからどんな天気になるかわからないとき、どうやって余暇を過ごしますか? ここで、博物館に行きたいという方のために、この地域で(デトロイト美術館の次に)一押しの博物館の1つであるフォード博物館をご紹介したいと思います。

170411staff01

正直なところ、フォード博物館は想像していたのとは全然違うものでした。博物館に車で向かう途中、何軒かの大きなビルに掛かった「Ford」の文字が目を引きます。ご存知の方もいらっしゃると思いますが、デトロイトは自動車産業が盛んで、かつてはアメリカ合衆国の中でも最も大きく、人口の多い街の1つでした。「モーター・シティ」というデトロイトを指す名も、このような歴史に由来するものです。そしてそんな革命的な時代だった1903年にフォード・モーター・カンパニーを創業した先駆者がヘンリー・フォード氏でした。でも博物館に入って最初に展示されていた巨大ソーセージの乗った車に出迎えられてホットドッグになったような気分になり、ここが老若男女気軽に楽しめる場所だということがすぐわかりました。

170411staff02

この博物館では、フォードの歴史や歴史的価値を中心に扱うのではなく、いろいろなコレクションにわずかな背景知識を添えて展示してあります。アメリカの博物館では、作品の背景より展示するアイテムに重点を置いて展示するものなので、それは特別変わったものではないと感じました。たとえば、シカゴ美術館にはフランスの画家、ルノワールの絵画だけが展示された部屋がありますが、館内を歩き回って分かることはそれだけで、画家や印象派という様式、そして制作当時の意味合いなどの説明はまったくありません。また絵画には、表題と画家名、制作年が書かれて展示されているだけで、使った絵の具の種類などの説明はないのです。これはやや核心的な問題かもしれないとは分かっていますが、もしオランダの博物館へ行ったなら、どこでもとても詳しい(かつ教育的な)情報が得られます。そうすることで、芸術作品が本当に興味深いものとなるのではないでしょうか。
フォード博物館に話を戻しますが、最初の期待とは違ったものの、その後はとても楽しかったです。ソーセージのすぐ後には、農業に使われていた「古い」自動車がいくつか展示されています。その何台かは1900年代のものですが、そのほかは1960年代頃のものですので、全部がとても古いというわけではありませんが、これらの機械が開発されたようすを見るのは面白いものです。それと同じコーナーに、「古い」人形の家やストーブが展示されています。その奥には古い家具やヘンリー・フォードが弾いていたイタリア製ヴァイオリンのコレクションが並んでいます。どの展示品にも共通しているのは、それらが革新的な製品だったということです。

170411staff03
170411staff04

館内のその他のコーナーは、アメリカのドライブや自由と正義(アブラハム・リンカーンと、黒人と白人の人種差別)、天空のヒーローたち(飛行機開発)、鉄道などといったテーマになっているので、多様なものを見て回れます。見どころが多く、「アメリカのドライブ」のコーナー内にレトロなレストランがあり食事をとることもできます! ご想像の通り、そこはとても広々としています。

170411staff05
170411staff06

170411staff08
170411staff07

というわけで概して、フォード博物館は車だけに絞った博物館というわけではありませんが、午後を費やすのにちょうどいい面白い場所です。特に小さいお子様のいるご家族には楽しいでしょう。でも私としては、ぜひアメリカの自動車産業についてもっとよく勉強してみたいと思います。

170411staff09