2017.06.13

6月のお祭り、フェスタ・ジュ二―ナ

毎年6月にフェスタ・ジュ二―ナ(festa Junina=6月のお祭り)が行われます。このお祭りはポルトガル人が聖ジョアン(São Joao)を祝うお祭りですが、ブラジルでは、聖アントニオ(Santo Antonio)と聖ペドロ(São Pedro)も一緒に祝ってます。 聖ジョアンのお祭りをJoanina( ジョアニナ)と呼ばれてますが、3聖人のお祝いは6月(junho ジュニョ)に行われるので、フェスタ・ジュ二―ナと呼ばれるようになったそうです。

聖ジョアンは火の聖人、聖アントニオは結婚の聖人、そして聖ペドロは雨の聖人です。ブラジルの東北部は乾燥地ですので, 無事に農産物が収穫できるようにと聖ペドロに祈ります。6月はトウモロコシの収穫もあることから、このお祭りは、田舎祭りとされてます。

お祭りでは屋台のような出店ができ、トウモロコシをはじめ、さつまいも、かぼちゃ、ココナッツ、ピーナツなどを材料とする、ケーキやお菓子が出されます。この時期にはスーパーマーケット内でも、お祭り用のお菓子のコーナーができます。



170613minaki_n01
170613minaki_n02


170613minaki_n03
170613minaki_n04

お祭りのアトラクションとして欠かせないのが、ダンサ・ダ・クアドリーリャ(dança da quadrilha)です。それは田舎の結婚式を表現するフォークダンスです。この踊りには、カイピーラ(caipira=田舎者)の服装で参加します。男の人は麦わら帽子、つぎはぎだらけのチェックの上着とズボン。ネッカチーフもつけます。顔には眉毛をつなげて書き、無情ひげも書きます。中には何本かの歯を黒くぬり、抜けたかのように見せる人もいます。女の人は麦わら帽子に、カラフルな模様のワンピースにエプロン、髪は三つ編みにします。りんごほっぺにそばかすのお化粧をします。



170613minaki_n05
170613minaki_n06

お祭りの間は音楽が流れ、輪投げ、魚釣りゲーム、ビンゴなどのゲームを楽しめます。コヘイオ・エレガンチ(Correio Elegante)と言って、無名で、好きな人にメッセージを送るお遊びもあります。メッセージの交換をしているうちに、聖アントニオが良い相手を見つけてくれるかもしれませんね。

夜には焚火をし、ヴィニョ・ケンチ(Vinho quente)と言って、小さく切ったリンゴが入ったホットワインを飲みます。6月は寒いので、大人たちはホットワインで身体を温めます。

フェスタ・ジュ二―ナは、もともとカトリック教のお祝いですので、教会の広場だけで行われてましたが、今では、学校の行事とされており、運動場や体育館で行われてます。会社でもお祭りができる場所を借りて、社員たちやその家族が楽しめるようにしてます。また街の広場でも行われてますので、6月中の週末は色んな場所でお祭りを楽しむことができます。踊りに参加しなくても、田舎者の服装で行くと、一層楽しいお祭りとなる事でしょう。