2016.11.22

ブラジルの甘い菓子

ブラジル人はスイーツが大好きです。レストランでも お食事の後のデザートは欠かせません。ブラジルの料理は一般に塩コショウをベースにした味付けですので、料理に砂糖は入れません。「甘辛い」、「甘酸っぱい」などと言う味の料理はありません。その理由なのか、糖分は果物とスイーツで取ります。

果物が豊富に取れるので、以前はマンゴ、スターフルーツ、バナナ、みかんやグァヴァなどを食べていたようです。サトウキビから砂糖を作るようになってからは、果物のコンポートが増えました。コンポートは果物を保存する方法のひとつです。果物を水と少量の砂糖で煮て作ります。ジャムと違って果物がほぼその形食感で残るので、現在でもフルーツサラダに、ケーキのデコレーションに、ヨーグルトをかけて、などと食べ方はいろいろです。

161122_minaki01
ビワのコンポート

ポルトガル人が卵を使うレシピを導入してからは、Pudim(プジン =プリン), quindim(キンジン =ココナツと黄身の菓子), bom-bocado (ボン・ボカード=チーズ入りショートケーキ)などのお菓子が作られるようになりました。

161122_minaki02
キンジン

ブラジルは国土が広いので、地域によっては食べるスイーツが多少違いますが、サンパウロではブラジルのスイーツとしてbrigadeiro(ブリガデイロ =チョコボンボン), beijinho(ベイジニョ =ココナッツ菓子), paçoca de amendoin (パソカ・デ・アメンドイン =ピーナツ菓子), doce de abobora e côco(ドセ・デ・アボボラ エ コッコ =パンプキンとココナッツ菓子)、pamonha(パモニャ =トウモロコシ菓子)などがあげられます。

161122_minaki03
ベイジニョ(左)と ブリガデイロ(右)

誕生会や結婚式には必ずブリガデイロとベイジニョがでます。ブリガデイロは、コンデンスミルク、チョコパウダー、バターを合わせて煮て、一口サイズのボール状に丸めて外側にチョコレートスプレーでまぶした甘いお菓子です。中身がとろっとしていて子供たちには大人気です。 ベイジニョのレシピはほぼ同じですが、チョコレートの変わりにココナツを使用してます。ベイジニョ は「小さなキス、軽いキス」と言う意味です。甘さが伝わってきますか?

161122_minaki04
161122_minaki05

161122_minaki06
161122_minaki07

お菓子は一般に、お菓子屋、スーパーマーケット、おしゃれな喫茶店などで販売されてますが、昔ながらの懐かしいお菓子を買いたいときは、青空市場のお菓子のスタンドに行くのが良いでしょう。ちょっとしたスナック菓子やピーナツ、ココナツ、アーモンド、グアヴァが入ったクッキーを買うことができます。その中で見つけた面白い名のお菓子をいくつか紹介します。

161122_minaki08
Unha de gato (猫の爪)

161122_minaki09
Mentirinha (嘘)

161122_minaki010
Olho de sogra (姑の目)

161122_minaki02
Pé de Moleque (少年の足)

それぞれの写真と名前が一致しましたか?いつの間にこんな名前が付いたのかわかりませんが、ブラジル人の誰もが知っているお菓子です。 一度食べてみてください。