2017.03.27

オーストラリアでも人気の絵文字1

日本発祥の絵文字(Emoji)は今では世界中の人々に利用されておりますが、オーストラリアではEMOJIの事を「イモージ」と発音し、 親しまれています。(中にはちゃんとエモジと発音している人もいるかもしれませんが。)酒のこともサケというより「サキ」に発音が近かったり、HITACHI のことを「ハイタチ」、IKEAを「アイケア」と発音しているくらいなのでイモージと言われてもあまり驚きません。この絵文字ですが、最近絵文字グッズも売られており、実際あまり可愛くない(?)顔文字のクッションや、キーホルダー、マグカップなども売られています。

オーストラリアで販売されているEmojiグッズ
170314nagura_c01
170314nagura_c02


絵文字で表現する卓上カード。めくるタイプでこれで言いたいことが表現できて面白いですね。

170314nagura_c03
170314nagura_c04
絵文字フェイスのクッションとマグカップ

絵文字はもちろん記号や絵でできていますので、世界共通で利用されていますが、中には日本人しか使わないような標識や日本語が書かれているものや、海外の方には理解しにくい絵文字もあるかと思います。例えば、串団子やせんべい、なるとなどの食べ物や、人が手をついて頭を下げているものや、郵便局、お雛様などの絵文字などなど。。絵文字の利用頻度が多くなるにつれ、オーストラリア人もこんな絵文字があったらいいなと思うのはもちろんのことだと思います。そんな中、先日絵文字についての面白い記事を見つけました。オーストラリア人にアンケートをとり、オーストラリア人が作ってほしいと思う絵文字トップ20が発表されていましたのでそちらをご紹介します。なんともオーストラリアらしい絵文字のアイデアばかりで、また私もわからないようなスラングや流行り言葉やオーストラリア人しかわからないギャグネタまであるので解説つきでご案内させていただきますので今回はトップ20のうちの11位から20位までをご紹介します。


20位 YOLO
“You Only Live Once “ の頭文字をとってYOLOです。人生一度きりということですね。
どんな絵文字かというと、100点満点の絵文字の100の部分がyoloと文字になったものです。

170314nagura_c05

19位 Ute
Ute(ユート)とは前方は普通のセダン車のようで後ろが荷台になっている車のことでオーストらリアでは大人気の車です。後ろが荷台なので実用的に利用している人から単に見た目のカッコよさで愛用している人もいます。各社からこのユートタイプの車が販売されています。これぞオーストラリア!という感じの絵文字になりますね。

18位 Thong

Thongとはサンダル(主にビーチサンダル)のことで、ビーチサンダルの絵文字です。オーストラリアのビーチサンダルの普及率は世界でも 上位に入るのではないでしょうか。冬でもどこでも老若男女ビーチサンダル当たり前です(笑)

17位 Sorry Not Sorry
「ごめんね。。(でも本当は悪いと思ってないけど)」と少し皮肉めいた言い回し。
海外に来た日本の方をみるととても謙虚で礼儀正しい方が多く、すぐについsorry,Sorryと口に出てしまう方も多いですよね。でもオーストラリア人はそんなに簡単には謝りません。たとえ自分が悪くても。。でもありがとうの言葉は日本より頻繁に使っているように思います。どんな絵文字かというと下の女性が手を上げている絵文字で手の位置が少し低く、笑みではなく、右の口角だけ上がっている皮肉めいた顔のものでした。

170314nagura_c06


16位 Sanger
これはスラングでサンドウィッチのことです。日本ではおにぎりですが、オーストラリアではサンドウィッチというところでしょうか。

15位 Nonplussed Face
こちらは困惑したような、困ったような顔の絵文字です。口をへの字にした顔文字です。

14位 Meditating
親指と人差し指をくっつけ輪をつくり穏やかな顔で瞑想をしている女性の絵文字です。これが14位にくるのは意外な結果でした。

13位 Meat Sweat
ステーキ肉の切り身がが汗をかいて困ったような表情をしている絵文字です。肉が大好きなオーストラリア人ですが食べ過ぎて出る汗のことの意味と他の比喩としての意味もあるようです。

12位 ミートパイ
こちらもオーストラリアと言えばで出てくる代表的なものです。名前の通り、パイ生地の中に煮込んだシチュー状の肉や、ひき肉が入っているものです。こちらの絵文字は最も代表的な一人用の丸いパイで上にトマトソース(ケチャップ)が乗っているものでした。

11位 Marriage Equality
同性婚が認められていないオーストラリアでの容認を求める動きの一環にも感じられる絵文字です。レインボーカラーの二つの結婚指輪が交わっている絵文字です。

以上、今回は11位までのご紹介でした。次回は10位から1位までご紹介しますのでお楽しみに!