france
フランス
フォンテーヌブロー
サレナ・ アーリック
2016.01.29

アヴィニョンの橋の上で

Sur le Pont d’Avignon L’on y danse, l’on y danse Sur le Pont d’Avignon L’on y danse tous en rond アヴィニョンといえば、その素晴らしい自然、そして教皇を守るために14世紀に建設されたランパール(城壁)にまつわる歴史的影響が有名かもしれません。でも、私にとってはいつも、童謡の街です。先週末は、冷たい霜が降りるフォンテーヌブローを逃れて、フランス南部のこの街へと向かいました。フォンテーヌブローは森林地帯の中央にあり、樹木に囲まれた微気候が著しく気温を低下させるので、暖かさを求める私の欲求が上昇するのです。 続きを読む “アヴィニョンの橋の上で”
france
フランス
ディジョン
イブ・ ラリュン
2015.12.24

フランス、ディジョンで祝うクリスマスと大晦日

年末のイベントやお祝い事を間近に控えるこの時期、今回はディジョン式のお祝いの方法をご紹介したいと思います。 フランスは歴史的にカトリックの国なので、信者にとってクリスマスは非常に大きな意味を持つ行事です。毎年この期間、12月24日と翌日の2回にわたって、宗教当局主催の大がかりなミサが行われます。ディジョンではさらに、昔から使われているキリストの降誕場面の小さなレプリカを各教会(ディジョン・ノートルダム教会など)に飾ります。 続きを読む “フランス、ディジョンで祝うクリスマスと大晦日”
france
フランス
フォンテーヌブロー
サレナ・ アーリック
2015.12.14

キノコ狩り

村の生活の魅力に目覚めたおかげで、私は最近、暇さえあればフォンテーヌブローの森で楽しめるアクティビティについて調べていました。少し前になりますが、乗馬をしようと森に出かけた今年の9月から、林床に生えているカラフルで繊細なフンギに目を付けていた私は、この週末、キノコ狩りというミッションに挑戦することにしました。 続きを読む “キノコ狩り”
france
フランス
ディジョン
イブ・ ラリュン
2015.12.04

ディジョン・サイテン:日本への憧れが膨らむ2日間

今年で11回目を数えるディジョン・サイテン・フェスティバルが行われました。ADMA(Association for the Discovery of Manga and Animation)の運営により2日間にわたって開催されるこのイベントは、夏にパリで行われる有名なジャパン・エキスポのコンパクト版といったところです。 続きを読む “ディジョン・サイテン:日本への憧れが膨らむ2日間”
france
フランス
フォンテーヌブロー
サレナ・ アーリック
2015.11.13

シャンパン・テイスティング

フランスは22の地域圏、96の県、335の郡、そして2000を超える小郡で構成されています。外国人にとっては、官僚制度によって果てしなく細分化された紛らわしい行政区分ですが、これもまさに歴史的進化の証です。この分割の中で、フォンテーヌブローはイル・ド・フランス地域圏(パリと同じ地域圏)に位置し、好都合なことに、シャンパーニュ・アルデンヌ(スパークリング・ワインで特別なAOCを認定されている地域圏)と隣り合っています。 続きを読む “シャンパン・テイスティング”
france
フランス
ディジョン
イブ・ ラリュン
2015.10.16

大切な伝統行事「ヴァンダンジュ」とフランスワイン

今回は、フランス語で「ヴァンダンジュ(Vendange)」と呼ばれる、ワイン用ブドウの収穫期についてお話ししたいと思います。これはフランスのワイン生産者にとって、とても象徴的な時期になります。ブドウの収穫は古代から続く伝統で、現在は7月末から9月末まで行われており、ワイン生産者にとって、1年のうちで最も重要な時期です。 続きを読む “大切な伝統行事「ヴァンダンジュ」とフランスワイン”
france
フランス
ディジョン
イブ・ ラリュン
2015.10.02

ディジョン、現在と過去の間を生きる街

私はフランス在住のイブ・ラリュン と申します。ナレッジ・キャピタルで5ヶ月間インターンを経験し、現在はナレッジ・ワールド・ネットワークのレポーターを務めています。そのナレッジ・キャピタルのウェブサイトを通して、みなさんに私の国をご紹介できることをとてもうれしく思います。最初の記事では、私の故郷であるディジョンをご紹介します。 続きを読む “ディジョン、現在と過去の間を生きる街”
france
フランス
フォンテーヌブロー
サレナ・ アーリック
2015.09.25

マルシェ

私は駐車場の近くに住んでいます。 平日は人の姿を見ることのない寂しい場所です。でも、特別な日、たとえば日曜日などには、フランス文化の真髄である マルシェ(青空市場)が開かれます。マルシェほどフランスらしいものはないでしょう。鮮やかな赤や緑の地元の野菜は美しいだけでなく、香りも豊かです。 続きを読む “マルシェ”